北海道の中で、最大の温泉地が登別温泉。西に洞爺湖、南に倶多楽湖(くったらこ)、北東に支笏湖を臨み、それをとりかこむ活火山によって形成された巨大カルデラ地帯に出来た温泉郷で、1日1万トンもの湯量を誇り、多くの種類の温泉が湧出していることで、「温泉のデパート」とも呼ばれています。
北海道三大景観の一つに数えられる「洞爺湖」。国立公園にも指定されており、明治43年(1910)、有珠山の寄生火山である四十三山(よそみやま)の噴火活動によって温泉が湧き出し、大正6年(1917)、温泉地として開業。
北海道の三大温泉地のひとつにあげられる函館 湯の川温泉は、350余年の歴史ある名湯です。函館空港から5分、函館山や津軽海峡が見渡せる好立地の湯の川温泉は、函館観光の拠点として、温泉や料理など函館らしい宿泊が楽しめます。
乳頭温泉の源泉を贅沢にかけ流した天然100%の温泉です。四季の移ろいを感じられる露天風呂とゆったり浸かれる大浴場が旅の疲れを忘れさせてくれます。湯の中で舞い上がる湯の華と優しい湯の香で心と体の癒しをお約束いたします。
杜の都仙台の奥座敷と称される秋保温泉の歴史は古く、今から約1500年前と伝えられ、第29代欽明天皇の病がこの湯により全快され「名取の御湯」の称号を賜る。以来、日本三御湯として全国にその名を知られ、藩政時代には伊達家の入浴場もおかれる。のちには豊かな自然環境とともに庶民の憩いの温泉として広く慕われている。
蔵王温泉は、開湯西暦百十年、いまから1900年ほど前、日本武尊の東征に従った吉備多賀由により発見されたという伝説が残る日本最古の温泉地のひとつなんですよ。
多賀由が、矢の毒を癒すために入浴したところ、たちどころに傷は全快したという話が残っています。
東武観光株式会社 本社 茨城県猿島郡境町長井戸338−3 TEL : 0280−87−1200
企画販売部 埼玉県北葛飾郡杉戸町内田4−5−29 TEL : 0480−34−2261
Copyright(C) 2010 TOBUKAKO Co.,LTD.All rights reserved.