Homeへ
Q.幼児の料金は?
パンフレット等の料金備考欄に記載されています。ツアーのよっては設定のない場合もありますので、詳細は担当者までおたずねください。
Q.パスポートやビザの手続きはどうしたらよいのでしょうか?
行き先・目的によりパスポートの残存期間及び査証(ビザ)の要否が異なります。また、パスポートをお持ちでない方、有効期限の切れている方は弊社にて申請書類の作成代行も承っております(別途料金)ので担当者まで御連絡ください。
Q.予約の変更・取り消し方法は?
変更・取り消しの手続きは、必ずツアー申込時の営業所又は担当者までご連絡ください。変更・取り消しが発生した日からご出発日までの期間(日数)によってキャンセル料等が発生する場合がありますので、詳しいことは担当者又は営業所までお問い合せください。
Q. 海外滞在中にパスポートの有効期間が切れるのですが、どうすればいいのですか?
外におけるパスポートの申請は、世界各国にある日本の在外公館で行うことができます(一部政情不安定などの理由で旅券業務を停止しているところがあります)。もしも外国滞在中にパスポートの有効期間が切れる場合は、切れる前に最寄りの在外公館でパスポートの切替発給申請を行うことができます。

その際に必要な書類は、申請書1通、パスポート用写真1葉、及び現在お手持ちのパスポートなどです(IC旅券作成機が設置されていない公館では、IC旅券が作成できないため原則日本に関係書類を送付してIC旅券を作成する必要があることから申請書2通、写真2葉が必要となります)。申請に行く前に申請を予定している在外公館にあらかじめ問い合わせをして確認されるとよいでしょう。

 なお、この切替発給申請に際しての注意事項としましては、現有旅券の記載事項(姓、本籍など)に変更がない場合には原則戸籍謄(抄)本が省略できることとなっており、お手持ちのパスポートの有効期限が切れている場合には、戸籍謄(抄)本1通が必要になりますのでご注意ください。

Q. 名前や本籍地が変わった場合は何か手続きが必要なのですか?
A

パスポートを受け取ってから、パスポートに書いてある事項(姓、本籍など)に変更が生じた場合は、原則的には、そのパスポートを返して、新規発給申請をしなければなりません。ただし、変更が生じた事項が、姓、名又は本籍の都道府県名であれば訂正申請することもできます。

 例えば、結婚して姓が変わった場合は訂正申請することが可能です。しかし、パスポートのサインは訂正することができませんので、サインも変えたい場合は新規発給申請することが必要です。なお、訂正申請はパスポートの追記ページへの訂正を行うもので、写真の印刷されているページ及びICチップの中の氏名等の情報は、新規発給申請をしない限り、変更されません。

Q. 結婚して姓が変わりましたが、旧姓を旅券に記載することは可能ですか?
A
渡航に当たり旧姓などの別名併記を記載することが望ましいと判断される場合は、その必要性が確認できる書類及び「非ヘボン式ローマ字表記等申出書(別名併記申出書兼用)を提出していただき、別名併記が可能です。詳しくは都道府県旅券事務所へご確認ください。
Q. 旅券の申請は土曜日、日曜日、及び祝祭日 でも可能ですか?
A
土、日、祝祭日は申請を受け付けていませんが、平日の申請については代理人(親族や知人、旅行代理店等も可能です。)を通じて書類を提出することができます。窓口に出向くことが困難な場合は、こうした代理人を通じて書類を提出することもご検討ください。
東武観光株式会社
本部 埼玉県北葛飾郡杉戸町内田4−5−29 TEL : 0480−34−2261
本社 茨城県猿島郡境町長井戸338−3 TEL : 0280−87−1200d.
Copyright(C) 2010 TOBUKAKO Co.,LTD.All rights reserved.